Story

古民家の屋号は「木屋」

もともと「木」と縁のあった家柄ということもあり

私たちの専業としている「きこり」の技術を生かし、約3年をかけ母屋を改装。

生活の器や雑貨、食べ物に至るまで、素材やストーリーにこだわります。

良いものを長く使っていただきたいという想いのもと

私たちは実際に自分の目で見て、良いと感じたものを提供します。

​実体験を通して、「モノの良さ」と「非日常的なゆったりした時間」を過ごしていただければ嬉しいです。

DSC_0778.JPG